30代後半の主婦です。2004.2から顕微授精に挑戦。5回目で無事赤ちゃんに出会えそうです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体調が戻って
2006年11月08日 (水) | 編集 |
出血は12日間でようやく止まりました。
尿の出もよくなって、OHSSも治ったみたい。
よかったぁ。病院に行く必要はなさそうです。
基礎体温は、術前37℃前後から、術後36.6℃前後に
落ちてきました。
体調が戻ったせいか、食欲旺盛でやばいです。

入院前に買っていたプレママ雑誌の
無料プレゼントに応募して、
新生児の産着が送られてきました。
いつか使うんだから…!なんて、
鬼に笑われてしまうかなぁ~。
スポンサーサイト
術後の経過
2006年10月31日 (火) | 編集 |
術後4日間ほど安静にしたのち、
ぼちぼちと普段の生活に戻しはじめました。
すると、出血や腹痛が復活してきちゃいました。

昨日、術後の検診に行ってきました。
「そろそろ出血止まるはずなんだけどねぇ。
あと2週間位みても止まらなかったら受診しに来て。」と、
止血剤と子宮の力を強める薬を処方されました。

今日も出血&腹痛は続いてるよぅ。
大丈夫かなぁ。

ひさしぶりに自転車をこいだら、太ももが筋肉痛で痛いです(;^_^A




繋留流産になりました
2006年10月26日 (木) | 編集 |
切迫流産で入院して2週間。
10/21の診察で、繋留流産と診断されました。
7週0日目なのですが、
胎嚢の大きさは15ミリ。5週目程度の大きさしかなく、
この時期には確認されるべき胎芽も確認できませんでした。
たくさん励ましもらったのに、残念な結果になりました。

私のとなりのベッドの人は、同じ週数で、
心拍が確認できたと泣いて喜んでいました。
わたしは、彼女のすぐ次の診察で、繋留流産を告げられて、
すぐには部屋に戻ることが出来ませんでした。
どうにか決心して部屋に戻って、
「どうだった?」と聞かれても、
すぐに答えることができませんでした。
どうにか「だめだった・・・」と答えたら、
涙があふれてとまりませんでした。

わたしはその日のうちに退院しました。
2日後の検診でも結果は同じ。
先生から「このままだと大出血するよ」といわれ、
手術を決意しました。
24日、そうは手術を受けました。
手術台にあがってすぐに意識はなくなり、
激痛と激しい喉のかわきで目が覚めました。
看護婦さんのがさつな態度がつらかった。
夫が会社から飛んで来てくれました。

ふとんに横になりながらTVをつけたら、
不妊治療の番組がやっていました。
国会議員の野田聖子さんが、
携帯に保管している受精卵の写真をみせて、
「他の人が見たら変に思われるだろうけど、
私にとって受精卵が子供なんです。」
といっていた気持ち、すごくわかる。

でもちゃんと会いたいよ。
次は70年、80年生きる命で、しっかり生まれてきてね。
わたしの赤ちゃん…!
暗雲
2006年10月15日 (日) | 編集 |
入院10日目。
気分は谷底です(T_T)
週数は6週1日目。
さっきエコー検査を受けました。
胎嚢がはっきりしません。それらしきものの大きさ11.3ミリ。成長が遅すぎるよ・・・。
さらにその周辺に内出血らしき陰影がぁぁぁ(ToT)
先生も渋い顔。
またしばらく様子をみることになりましたが、先いき不安です。
隣のベッドの切迫さんは同じ週数なのですが、彼女は胎嚢も大きく成長し、つわりも始まっています。さっきも「梅干し食べたい、持ってきて」なんて電話してたし。
もう一人の切迫さんはもう3ヶ月で心拍ばっちりだし。

励ましてくれる優しい人たちですが、一緒にいるのがつらい(ToT)
入院7日目
2006年10月12日 (木) | 編集 |
5週5日目。基礎体温36.89
平穏に過ごしています。今朝のエコー検査でも胎のう確認。でも一昨日にくらべて薄い感じがする?(-o-;)
結局、先生からも心拍確認まで入院するように言われました。
早く元気な胎芽ちゃんに会いたいよ(^-^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。