30代後半の主婦です。2004.2から顕微授精に挑戦。5回目で無事赤ちゃんに出会えそうです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄体補充の薬について
2006年03月31日 (金) | 編集 |
妊娠反応までの黄体補充のため使用する薬です。
胚移植(ET)の日から妊娠判定まで使用します。

●E2バリレイト
 女性ホルモンであるエストロゲンを含み、
 不正出血や着床障害を防ぎます。
 副作用:吐き気、黄疸、頭痛、めまい

●プロメトリウム(膣錠)
 女性ホルモンであるプロゲステロンを含み、
 子宮内膜を胚が着床しやすい環境に整えます。
 副作用:頭痛、眠気、倦怠感、便秘、嘔吐、発心、膣炎など

●バファリン
 鎮痛剤として知られていますが、この治療で使うのは
 抗血小板剤としてアスピリンが少量のタイプです。
 血行をよくする目的で使用します。
 
●ゴナトロピン1000IU(注射)=hCG
 排卵誘発剤。黄体ホルモンの代わりに使用します。
スポンサーサイト
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
胚移植の日
2006年03月30日 (木) | 編集 |
今日の午後は胚移植をしてきました。

受精卵が2個しかできなかったので、
その後どうなっているか、
もしかしたら全部ダメになってないかって、
落ち着かない気持ちで病院に行きました。
採卵のときは全然平気だったんですけどね。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
岩盤浴にいってきました
2006年03月29日 (水) | 編集 |
明日の移植にそなえて、
血のめぐりよくしておこうと思い立ち、
近所の岩盤浴に行ってきました。
3回目です。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
受精卵を確認
2006年03月28日 (火) | 編集 |
昨日採卵できた卵ちゃんは4個。
それらの卵子がちゃんと受精卵になったかどうか
病院から電話がありました。

卵は2個は成熟していて受精できたのですが、
残りの2個は未成熟でだめでした。
前回は7個の採卵で4個が受精できていたので、
ちょっとショックだなぁ・・・。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
採卵日
2006年03月27日 (月) | 編集 |
今日は、採卵日。
局所麻酔での採卵なので、車で通院することができました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
葉酸の摂取について
2006年03月25日 (土) | 編集 |
葉酸は、胎児の神経の正常な発育を促進する大切な栄養素です。
妊娠のごくごく初期から3ヶ月目くらいまでが、
最も葉酸が必要な時期なのだそうです。
普通、妊娠が分かるのが2ヶ月目に入ってからですが、
それからあわてて葉酸を摂取したのでは遅いわけです。
日ごろから継続的に葉酸をとる必要があります。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
抗生物質
2006年03月25日 (土) | 編集 |
不妊治療時の感染予防として服用します。
ビブラマイシンなど。
1粒110円。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロビン)
2006年03月25日 (土) | 編集 |
プロファシー、プベローゲン、ゴナドトロビン、プレグニール、
ゲストロン、hCGなど

卵胞が排卵に適した大きさになったところで、5000単位か1万単位を注射する。
また黄体機能不全にも有効なので着床をたすけるために排卵後、高温期にも投与することもある。
体外受精時では一般的に採卵36時間前に注射します。

プロファシー10000単位で、1580円。
hCG200単位で、1050円でした。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
フォリスチム
2006年03月25日 (土) | 編集 |
排卵誘発注射剤で日本初の遺伝子組み換え型製剤

FSH(卵胞刺激ホルモン)という脳下垂体前葉から分泌され、
卵巣の中の卵胞(卵子が入っている袋)を大きくする作用のある薬剤です。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
採卵日の決定&温泉
2006年03月25日 (土) | 編集 |
今日の受診では、卵子は左右で5個ほどあり、
一番大きなもので21ミリに成長していました。
今日の夜、hCG注射(プロファシー)をします。
採卵日は、あさって27日です。
夫と車で帰る途中、源泉かけながしの天然温泉に立ち寄りました。
冷え性なので、じっくり身体を暖めてきました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
注射の追加
2006年03月23日 (木) | 編集 |
卵子の成長が遅いので、今日からhMG注射が追加になりました。
排卵誘発剤(製品名パーゴグリーン)です。
生理食塩水に溶かして注射します。
hCGと違って、アンプル全部使用なのでラクですが、
朝打った所がいまだに痛いです。もまなかったからかな。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
採卵の延期
2006年03月22日 (水) | 編集 |
通院日。
血液検査と超音波で卵子をチェックしましたが、
成長が10ミリと思わしくありませんでした。(前回はこの時期17ミリでした。)
そのため、採卵日が予定の25日から延期になってしまいました。
前回、卵巣刺激症候群になってしまったので、
今回は注射を変えており、育ちにくかったのかもしれません。
とりあえず、25日に受診して、採卵日を決めることになりそうです。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
hMG(ヒト閉経ゴナドトロビン)
2006年03月21日 (火) | 編集 |
排卵誘発剤。
閉経後の女性の尿から抽出したもので強力な卵胞刺激作用がある。
卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の配合比率が
製品によって異なる。
LHの比率が高いほど、卵胞刺激が強まります。
主な製品ですと、

ヒュメゴン75  FSH:LH=1:1
パーゴナル   FSH:LH=1:1
パーゴグリーン FSH:LH=2:1
hMGフジ   FSH:LH=3:1
hMG日研   FSHが主でLHはごく少量含まれる。
フェルティノームP FSHのみ。卵巣を過剰に刺激するリスクを抑えて排卵させる利点がある。

パーゴグリーン150で、2100円でした。

昨年秋、日本初の遺伝子組み換え型排卵誘発剤フォリスチムが発売されました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
黄体ホルモン+卵胞ホルモン製剤
2006年03月19日 (日) | 編集 |
経口避妊薬、「ピル」です。
不妊治療のスケジュールの調整に使用します。

製品によってエストロゲンの配合率が異なり、
配合が多いほど吐き気などの副作用がでやすくなります。

低:マーベロン、エリオットなど
中:プラノバール、ソフィアAなど
高:ソフィアCなど

プラノバール1粒180円でした。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
GnRHアゴニスト製剤
2006年03月18日 (土) | 編集 |
本来は子宮内膜症の治療薬ですが、体外受精では排卵抑制剤として使用。
副作用として更年期障害のような症状があるようです。

点鼻薬:スプレキュア、ナサニール、イトレリン、ブセレキュア
注 射:リュープリン

スプレキュア1本で、15000円ほどでした。

私の場合、スプレキュア使用時、ほてり、めまい、喉の渇きなどに悩みました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
GnRHアンタゴニスト製剤
2006年03月17日 (金) | 編集 |
GnRHアンタゴニスト製剤=セトロタイド=製品名セトロレリックス

排卵抑制剤。日本では無認可のため輸入物を使用します。
当然保険はききません。

効き目の即効性があり、やめれば1日程度で効果が消えるので、
黄体期に入ってからは普段どおりにLHが分泌され、
薬による黄体補充が軽く済みます。

私の場合、スプレキュア使用時のような副作用はありませんでしたが、
注射した部分が数日硬く腫れて痛みました。

1本で、7350円でした。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
DHEA 気になってます
2006年03月16日 (木) | 編集 |
病院に「DHEA 取扱い開始しました」という掲示がありました。

DHEAというのは、脳や皮膚、副腎でつくられる
天然のステロイドホルモンのことで、
卵巣の働きを高めるのに効果的なのだそうです。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
注射の開始
2006年03月15日 (水) | 編集 |
今日は通院日。
血液検査と診察、注射の受け取りです。
朝9時に家を出て、帰ってきたのは午後2時すぎです。
いつものことながら、つかれた~。
今日から1週間、自己注射のはじまりです。
1日3本。薬づけ~。
ちょっとグチっぽくなってしまいました・・・!
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
3回目の治療開始
2006年03月14日 (火) | 編集 |
2006年2月、3回目の治療開始です。
今回も、アンタゴニスト法にしました。
2/20~3/10 ブラノバール服用

一気にブログUPしちゃいましたが、
ここまでが、過去の経過です。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
OHSSのこと
2006年03月14日 (火) | 編集 |
軽度~中度とのことでしたが、
ほ~んと、辛かったです。
おなかがぱんぱんに腫れ、食欲がまったくなく、
お腹がいたくて2分も立っていられない。
2回目の治療
2006年03月14日 (火) | 編集 |
2005年8月 アンタゴニスト法による治療開始です。

家が遠いので、ほとんど自己注射となりました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
転勤 病院さがし
2006年03月14日 (火) | 編集 |
1回目がだめだった後、すぐに地方転勤となり、
病院探しがはじまりました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
はじめての顕微授精(ICSI)
2006年03月14日 (火) | 編集 |
2005年1月 ロング法による顕微授精(ICSI)開始です。

男性不妊であっても、夫は何もしなくていいのです。
顕微授精では、極端な話、精子が1つあればよいので。
私だけ、薬、注射、採卵移植のOPE・・・病院行きまくり。
体調悪くて気分はウツ。
どうして正常な私が治療するんじゃ~!と
悲しくなることがありました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
葛藤
2006年03月14日 (火) | 編集 |
治療に同意したものの、やっぱり自然妊娠へのこだわりが
ずっと消えませんでした。
夫は「試験管ベビーかぁ」と悪態をつくし。(ホント口悪し!)
でも正直、不自然なことはしたくないって
心に抵抗がありました。
それは、1回目の治療が終わるまでずっと消えませんでした。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
不妊治療を決意
2006年03月14日 (火) | 編集 |
数日後、夫を連れて病院へ。
午前中に夫の検査、1時間後すぐに結果が出て、診察となりました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
夫への報告
2006年03月14日 (火) | 編集 |
夫への報告はどうしたものか・・・悩みました。

とりあえず、オブラートに包んでおきました。
夫へ、ワンクッションおいたショック療法みたいなものです。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
晩秋、B病院不妊センターへ
2006年03月14日 (火) | 編集 |
夫の不妊検査から3ヶ月、
インターネットで不妊情報を集めて不安になった私は、
夫の検査結果を持って、B総合病院不妊センターに行きました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
夫の不妊検査
2006年03月14日 (火) | 編集 |
夫の検査の結果がでました。
精子数だけの検査でした。
(この病院は設備がなく外注検査だかららしい・・・)
標準より、結構少ない・・・?!
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
初秋、A産婦人科へ
2006年03月14日 (火) | 編集 |
どうにかしなきゃ、と思った私は、
A産婦人科で、夫の状態を相談しました。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
最初の難関
2006年03月14日 (火) | 編集 |
最初の難関

それは、夫の不妊検査でした。
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。