30代後半の主婦です。2004.2から顕微授精に挑戦。5回目で無事赤ちゃんに出会えそうです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
術後の経過
2006年10月31日 (火) | 編集 |
術後4日間ほど安静にしたのち、
ぼちぼちと普段の生活に戻しはじめました。
すると、出血や腹痛が復活してきちゃいました。

昨日、術後の検診に行ってきました。
「そろそろ出血止まるはずなんだけどねぇ。
あと2週間位みても止まらなかったら受診しに来て。」と、
止血剤と子宮の力を強める薬を処方されました。

今日も出血&腹痛は続いてるよぅ。
大丈夫かなぁ。

ひさしぶりに自転車をこいだら、太ももが筋肉痛で痛いです(;^_^A




スポンサーサイト
繋留流産になりました
2006年10月26日 (木) | 編集 |
切迫流産で入院して2週間。
10/21の診察で、繋留流産と診断されました。
7週0日目なのですが、
胎嚢の大きさは15ミリ。5週目程度の大きさしかなく、
この時期には確認されるべき胎芽も確認できませんでした。
たくさん励ましもらったのに、残念な結果になりました。

私のとなりのベッドの人は、同じ週数で、
心拍が確認できたと泣いて喜んでいました。
わたしは、彼女のすぐ次の診察で、繋留流産を告げられて、
すぐには部屋に戻ることが出来ませんでした。
どうにか決心して部屋に戻って、
「どうだった?」と聞かれても、
すぐに答えることができませんでした。
どうにか「だめだった・・・」と答えたら、
涙があふれてとまりませんでした。

わたしはその日のうちに退院しました。
2日後の検診でも結果は同じ。
先生から「このままだと大出血するよ」といわれ、
手術を決意しました。
24日、そうは手術を受けました。
手術台にあがってすぐに意識はなくなり、
激痛と激しい喉のかわきで目が覚めました。
看護婦さんのがさつな態度がつらかった。
夫が会社から飛んで来てくれました。

ふとんに横になりながらTVをつけたら、
不妊治療の番組がやっていました。
国会議員の野田聖子さんが、
携帯に保管している受精卵の写真をみせて、
「他の人が見たら変に思われるだろうけど、
私にとって受精卵が子供なんです。」
といっていた気持ち、すごくわかる。

でもちゃんと会いたいよ。
次は70年、80年生きる命で、しっかり生まれてきてね。
わたしの赤ちゃん…!
暗雲
2006年10月15日 (日) | 編集 |
入院10日目。
気分は谷底です(T_T)
週数は6週1日目。
さっきエコー検査を受けました。
胎嚢がはっきりしません。それらしきものの大きさ11.3ミリ。成長が遅すぎるよ・・・。
さらにその周辺に内出血らしき陰影がぁぁぁ(ToT)
先生も渋い顔。
またしばらく様子をみることになりましたが、先いき不安です。
隣のベッドの切迫さんは同じ週数なのですが、彼女は胎嚢も大きく成長し、つわりも始まっています。さっきも「梅干し食べたい、持ってきて」なんて電話してたし。
もう一人の切迫さんはもう3ヶ月で心拍ばっちりだし。

励ましてくれる優しい人たちですが、一緒にいるのがつらい(ToT)
入院7日目
2006年10月12日 (木) | 編集 |
5週5日目。基礎体温36.89
平穏に過ごしています。今朝のエコー検査でも胎のう確認。でも一昨日にくらべて薄い感じがする?(-o-;)
結局、先生からも心拍確認まで入院するように言われました。
早く元気な胎芽ちゃんに会いたいよ(^-^)
入院6日目
2006年10月11日 (水) | 編集 |
入院中に再出血することもなく、昨日の内診ではだいぶ成長した胎のうを確認することができました。お腹にしがみついて頑張ってくれてありがとう!
多分、染色体異常などでの流産の兆候なら出血は止まらなかっただろうと思います。やはり私の無理が原因ですね。
ベッドとトイレの往復生活からようやく解放されます。6日ぶりの入浴ですっきりです!
問題なければあさって退院となりますが、家族の勧めもあり心音確認まで入院しようかと思ってます。
反省
2006年10月10日 (火) | 編集 |
出血の前日、どうしてもばっさりヘアカットしたくなり、どうせなら上手い所で切りたくて、遠くの美容院までかなり歩きました。帰り道、妙に寒気がしてました。夜中には腹痛と腰痛で目が覚めましたが、腹痛はすぐ治まりました。
翌日(出血当日)は、嵐の中、受診のために歩き、体が冷えました。
自分の体力を過信してました。性格的にも無理しやすく、体に相当負担だったんだと思います。反省・・・!
入院経過
2006年10月10日 (火) | 編集 |
切迫流産で入院後の経過
7日
基礎体温37.01。ソルテム点滴、止血薬ラノビ錠、流産防止薬ダクチル錠、E2バリレイト

8日
基礎体温36.81。ソルテム点滴、ラノビ錠、ダクチル錠、E2バリレイト
出血なし ベッドかたく腰痛便秘

9日
朝おりものがうっすらピンク。点滴したらおさまる。 便秘。
ソルテム点滴、ラノビ錠、ダクチル錠、E2バリレイト

10日
基礎体温36.81。午前診察で無事に胎のう確認!
よかったぁー!
便秘なし 出血なし、黄色いおりものあり
黄体注射、ラノビ錠、ダクチル錠、E2バリレイト

病院のベットより
切迫流産 出血で緊急入院
2006年10月10日 (火) | 編集 |
7日夕方、このブログに書き込みをすませ、家事をはじめた時のことです。
下着に液体の感触がしました。おりものにしては多い感じがしたので確認してみると、下着いっぱいに真っ赤な鮮血が。凍り付きました。どうしよう、どうしよう・・・
慌てて不妊クリニックに電話したが、近くの産婦人科に行けとのこと。午前中に行ったばかりの産婦人科に連絡すると先生にすぐ来るように言われ、タクシーで向かいました。
出血量が多いから駄目かもしれない、でも少しの可能性にかけよう・・・!
そのまま入院になりました。携帯で書き込みしています。
ちがう産婦人科へ
2006年10月06日 (金) | 編集 |
あのヤクザ医者は、やっぱりヤブ医者でした!
「OHSSは大丈夫」とか言われたけど、
今日、別の産婦人科で診察受けたら、卵巣しっかり腫れてて腹水あり。
あいつがやった膣炎の治療は、菌検査も行わずにやった無謀な処置で、現段階ではまったく必要のない治療でした!
実名で引きずり出したい、あのじじい
仙○中○LCってとこです。注意あれ!

今日行った産婦人科は、七福神みたいにニコヤカな先生でした。
すごく心に寄り添うような話ぶりで、
「苦労して妊娠したんだから、無理せず大事にしなさいね。今が一番大事な時期なんだから。上手くいくといいね
うれしかった♪

胎嚢は、エコー検査の場合、白くくっきりした輪郭で確認できるそうなのですが、今日の検査では黒い楕円がうっすらみえる程度で、胎嚢かな?って程度でした。あと1週間程度しないと見えないらしいです。
私としては来週エコー検査して安心したいのですが、
この先生に「あまり検査で触らないほうがいいよ」と言われたので、
今月20日に不妊クリニックでエコー検査(心音確認)するまでおあずけです。
怒りの初妊娠検診
2006年10月03日 (火) | 編集 |
今日で4週3日。
10/3~6日に紹介状を持って妊婦検診を受けるように言われていたので、自宅から徒歩5分にある妊婦検診専門クリニックに行って来ました。

でも、もう二度といかないっ!!!
あんなひどい医者、顔もみたくね~よ!!!

紹介状を見ながら、大声で
「あんた生殖医療受けたの。顕微授精?原因は卵管閉塞?ああ旦那に問題あったの。体外受精とかだとね、流産率25%くらい、高いの。子宮外妊娠なんかもおこしやすいんだよね~。なになに9分割で移植?ETって意味わかる?」

いきなり、これですよ。そしてこれまで受診に来た体外受精経験者の裏話を始めた。「その人350万かけて妊娠したけど子宮外妊娠でだめになって、それから全然妊娠しなくてあきらめかけてるんだってさ」

もう、怒り心頭で、頭が真っ白になりました。

一人でべらべらしゃべくって、なかなか質問すらできない。
おもむろにさえぎって、
「OHSSで妊娠したので、今の・・・」って言いかけたら、
OHSSの説明がちんたらちんたら始まって・・・くぅ!!
ばかやろ~
「あのですね!今の卵巣の状態も調べてください!!」やっと言えた。

ようやく内診。
胎嚢はうっすら確認できてホッとしたところに、
「あんたオリモノ多いね~。軽い膣炎だね、消毒と座薬いれとくわ。まだ周期が早いから切迫流産とはいえないけどね~。」
あ然・・・。
「びらんがあるね~」と、びらんの説明が長い長い。
そしてOHSSのことには一言もふれずに終了。

そして受付で会計をしていると、この医者がふらっとあらわれた。
医者がわたしに声をかけたのに気づかないでいたら、
「おいっ!」って怒鳴った・・・!!患者においっかよ!そして、
「あのな、しゃべりたくもねーんだけど、OHSSは大丈夫だから!」
しゃべりたくもねーだと?ここで大声で喋られても困るんだよ!
この医者を精一杯にらみつけてから、そっけなくお礼をいってやりました。

こんな医者はじめてです。信じられない・・・。
別の優しく配慮ある先生を見つけます!!!

夜、うっすら茶色のオリモノがでて、びっくり!
すぐにおさまったので、たぶんびらんを触られたせいだろうけど。
膣炎薬なんか使われて大丈夫だったんだろうか。
あの医者のやることだから、すっごく心配になってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。