30代後半の主婦です。2004.2から顕微授精に挑戦。5回目で無事赤ちゃんに出会えそうです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての顕微授精(ICSI)
2006年03月14日 (火) | 編集 |
2005年1月 ロング法による顕微授精(ICSI)開始です。

男性不妊であっても、夫は何もしなくていいのです。
顕微授精では、極端な話、精子が1つあればよいので。
私だけ、薬、注射、採卵移植のOPE・・・病院行きまくり。
体調悪くて気分はウツ。
どうして正常な私が治療するんじゃ~!と
悲しくなることがありました。
1/18~2/6  スプレキュア使用
1/30~1/31 hMgフェルテノームP注射
2/1~2/5   hMgパーゴグリーン注射
2/6救急外来にて  hCg注射

この間、副作用とみられる症状がたくさんでました。
喉のかわき、(hMgの副作用か)
手がガサガサに。めまい。ウツっぽくて疲れやすい(スプレキュアの副作用か)

2/8 採卵
11個採卵できました。
うち1個壊れており、10個顕微授精するとのこと。
夕方麻酔が切れて生理痛のような痛み。

2/10 移植
成熟卵は9個。
1個のみ6分割まで進んでいるグレード1なので、
それを戻す。
残りは4以下なので凍結は無理で破棄となった。
移植後1時間休んで自分で車を運転して帰宅。吐き気、胃痛あり。

ちょっと風邪気味。判定まで極力身体をあたたかくしてすごす。

2/22 おりものに少量の出血があり。妊娠検査薬陰性

2/24 病院にて、妊娠判定。陰性。


総費用 366,710円なり
スポンサーサイト
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。