30代後半の主婦です。2004.2から顕微授精に挑戦。5回目で無事赤ちゃんに出会えそうです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回目の治療
2006年03月14日 (火) | 編集 |
2005年8月 アンタゴニスト法による治療開始です。

家が遠いので、ほとんど自己注射となりました。
8/30~9/8 プラノバール(ピル)服用
9/14~22  フォリスチム(排卵誘発剤)注射
9/17~23  ビブラマイシン(抗生物質)服用
9/19~22  セトロレリックス(排卵抑制剤)注射

9/20 受診。卵子数右4個(17ミリ、14ミリなど)、左4個(発育悪い)

9/21~22  HCG注射

9/22 受診。(24ミリ、21ミリ、17ミリなど)

9/24 採卵(大5個、小2個)。
    血圧低すぎて看護婦さん驚く。リカバリー時気分が悪くなる。夜お腹がはり呼吸が苦しくなる。

9/25 一時腹痛、食欲不振。乏尿。
9/26 一時腹痛、食欲不振。乏尿。

9/27 移植。 
    成長したのは4つ。うち、成長の早すぎるもの1、遅すぎるもの1。
    調度良いもの2このうちの1つをもどす。内膜17ミリ。 
    卵巣過剰刺激症候群(OHSS)との診断。 軽い足のしびれ、腹痛、お腹のはり。
    安静にすごすように言われる。

9/27 HCG注射

9/27~10/7 バリレイト、バファリン、ブロメトリウム服用(妊娠判定まで黄体補充)

9/28 買物にでたら、すごい疲労感、お腹がはる、気分が悪い。

9/29 HCG注射

9/30 午前中に上腹部の激痛あり、緊急で受診する。
    卵巣の腫れもひいてきたとのこと。
    内膜も21ミリまで厚くなった。薬で胃が荒れて胃炎かも。

10/2 スーパーで大量の買物をしてしまい、持ち帰ったところお腹が張ってしまった。
    しばらく安静にしていたらおさまったけど、動揺して涙。
    首がかぶれてる。食欲不振。便秘。


10/3 便秘。乳首の張りがなくなってしまった。おりもの多い。ひどい便秘。
    顔と首がかぶれている。食欲不振。腰がつらい。

10/4 受診。採血&超音波。
    卵巣の腫れ(左5㎝右7㎝)がまたでて、軽度OHSS。         
    残りの受精卵については、1つ(残りで一番状態のよかったもの)は
    桑胚胞まで成長したがフラグメントが多すぎて破棄、
    他3つは分割不明で破棄とのこと。       
    おりもの多い。腰が張って痛い。

10/5 夜中に子宮あたりが痛む。かぶれが辛い。市販の検査薬はマイナスだった。

10/6 便秘解消、腰痛なくなる。かぶれよくなった。子宮あたりが痛む。

10/7 判定。
    内膜25ミリ。
    妊娠反応ありだが、成長数値が低いので、
    98%流産もしくは2%子宮外妊娠になるとのこと…。経過観察。

10/8 ひどい腹痛、おなかの張り


10/13 おりものに血が混じる。

     数日後、生理開始、流産となる。
スポンサーサイト
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。