30代後半の主婦です。2004.2から顕微授精に挑戦。5回目で無事赤ちゃんに出会えそうです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロビン)
2006年03月25日 (土) | 編集 |
プロファシー、プベローゲン、ゴナドトロビン、プレグニール、
ゲストロン、hCGなど

卵胞が排卵に適した大きさになったところで、5000単位か1万単位を注射する。
また黄体機能不全にも有効なので着床をたすけるために排卵後、高温期にも投与することもある。
体外受精時では一般的に採卵36時間前に注射します。

プロファシー10000単位で、1580円。
hCG200単位で、1050円でした。
スポンサーサイト
テーマ:不妊
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。